*お知らせ*

●はんこどりの消しゴムはんこが 愛の詰まったラバースタンプになりました。からふる屋さんで買えます。 (Click!)


Img_9afe4465e58e477592ba887d6780c803
先日お友達に誘われて、七宝焼きのワークショップに行ってきました
七宝焼きって聞くとお母さんのブローチ。っていうイメージくらいしか持ってなかったんですけど、サイトを見たらぜんぜん!
おしゃれですっ。かっこいい。
これなら作ってみたい、欲しい!と思える作品がずらり。 (Click!) 

教室は楽しかったです
手作りには見えない(?)安心して肌に付けられる素敵なネックレスができました♪
(もちろん先生のさりげない手助けがあっての作品です)

講師はKenichi Kondo先生 お若くて、なんというかナチュラルで素敵な先生でしたよ~。
場所は渋谷パルコのCLASKA Gallery&shop "DO"(ドー)さん (Click!) 
渋谷ヒカリエや丸の内KITTEにもある、私の好きなセレクトショップです♪
生徒は私を含めて5名 みなさん女性でした

*

まず出来上がっている作品を参考に【花、雲、しずく】の形のプレートから好きなものを各自選びます
三分の一ずつくらい説明を受けて実際始めることに。
水にまつわるものにしたかったって言うのと、出来るだけシンプルな形のほうが初心者には失敗が無いだろうと思って、私は「しずくちゃん」にしました♪

初めはプレートの裏面に細い筆で黒い釉薬を置いて
専用の電気の炉(写真のオレンジ色のハコ)でガラスを溶かします(プラ板みたいに溶けるのはけっこう一瞬でした)
水分が多いと焼いたときに気泡が出来てしまうそう
簡単そうに見えても、美しい作品に仕上げるには簡単なわけないんですよね

今度は表面に好きな色でグラデーションになるように色の釉薬を置いていきます(塗るというよりこんもりと置く感じ)
ここが一番楽しいところで、2色~3色をどう組み合わせるかでけっこう時間が過ぎました
迷ったけどその日に着ていた紫のワンピースに合わせて紫グラデーションにしました
で、また炉に入れます
ここで私は勘違いして釉薬の置き方を間違えてしまったんですが
結果オーライ^^;で素人目にはなんともなく仕上がりました 

時間にしたら90分くらいでしたがけっこう作業的には簡単でした(素人はこれだから…笑)
出来上がったものを見て友達と「いかにぷっくりしてるか」で盛り上がり、早速首に付けて帰りました

クサリもとても素敵なもので(若干、肌が白く見えるような気が・・・)お気に入りになりました
大切にします☆

ひとりではなかなか気後れしてしまうワークショップですが、お友達と一緒だと楽しいな
ちゃんと使えるものが出来るって嬉しいですね
ぜひまた参加したいと思いました

消しゴムはんこのワークショップは多分もうやる事はないなと思いつつ、講師側の立場からもいろいろ勉強になりました
ありがとうございました♪

近藤健一先生のサイト (Click!) 
Img_ec27c6b6625a376c0382136ce75d35a0
Img_81391d6395a749796bb8aa85e0828c6d
Img_a2164e648a38baab5518da6f2900ae4c
たまにははんこ以外の日記も書こう

ここ数年セカンドカーを探していて(と言っても自転車なんだけど)やっと気に入るのが買えました
買い物用とは別の、趣味的な、おしゃれで軽いやつ
Instagramのお友達情報で知った「tokyobike」さんでね  (Click!) 
東京の谷中にあって東急ハンズでも扱ってるしネットでも注文できるけど
これはぜひお店まで試乗に行こう。ということで先日行ってきました

ショップは緩やかな坂道にあるんだけど走り始めがまず軽い
スルリスルリ
すごく気持イイ
知らない町を自転車でうろちょろ。楽しいです

本体の形、カスタマイズするかご、ベル、ライトなどは直感でわりとすぐに決まったんだけど
車体の色で迷いに迷って結局決めたのは、なんだか楽しくなる”サフラン”色
(試乗したのがサフランだったので)
黄色じゃないんだぜっていうネーミングもいいな


新車の届いた日はとても寒かったけど江ノ島まで走ってみた
アタマは冷たいけど体はぽかぽかしてちゃんとエネルギー消費してる感たっぷり
戻ることを考えなければどこまでも行ってみたい

tokyobikeさんではレンタサイクルもあるそうなので今度は谷中の町を走ってみよう
あさってにはちょうど高円寺にもショップが出来るそうです
 (Click!) 
Img_91387b4997ad24681fb0bc861eccdf48
Img_22a7f1ba101fc1641f89123e23fb3fe7
Img_d93c0fa85c27414f20b4e298b2babfe2
Img_d67d03c75f98bf891ddce384ea5634b4
Img_1e18252d7c386dec413125b1ac900908a2b9c837
新年おけましておめでとうございます
最近サボり気味な日記ですが今年もよろしくお願いします

皆さまにとって笑顔溢れる一年になりますように

今年わたしは少しゆっくり行こうと思います
はんこも含めて。
時間がもう少しスロウに進むようにと願って・・・



Img_6923ee2db403ba06f48d502361fc90fe25f1e6a8
昨年は大震災で悲しい思いをした方が沢山います
今もまだ大変な思いをしている方々が沢山います
原発の事でも新たな問題が発覚しましたね・・・悲しい

震災以外に個人的にも悲しい出来事がいくつかありました
なので本当はおめでとうの挨拶は少しためらいもありましたが
気持ちを新たに進んでいきたいですね

Img_73b5d5573d6f32defcce9de56b57d13573b1f61e
予想を超えたお年賀状の数にビックリしてます
どうもありがとうございました
全国からお元気そうな様子が届いてほんとに嬉しいです

きっと皆さんがビックリするような時期に
お返事をお届けしますので(汗)
良い子で待っていてください
手はおひざ、お背中ピッでよろしくね

*

写真は始めて作った鏡餅
といってもホームベーカリーにお任せ
ずっと前に亡くなった祖母の残してくれた立派な木の台に似合うような
素朴なお餅を探していたんだけど売ってなくて。
部長に相談したら

「作ればいい」
さすが部長。鶴の一声っ。

葉っぱ(裏じろ)もこれまたなかなか売ってなくて大変
大晦日に花屋さんで見つけました
シンプルな雰囲気に仕上がって満足です

だいだいをケチったのでみかんだけどね
また日記書きます~
Img_50528a89dc61279f0479a8a832967fb5e6fd5c85
近所のおばさんに菊の鉢植えを戴いちゃった
ちっちゃい花 可愛い♪
懐かしい匂いだよ
サビサビブリキの入れ物にちょこんと洋な感じに。
葉っぱは軽い感じにイタリアンパセリです

前回の日記 アクセス多くてビックリ
久しぶりに人気記字にあがってました
ありがとうございます
でもお役に立てたのかな
Img_85f37f527085bb0f428badc9740591df
雨が降って涼しくなりました
今朝はブルーベリーとブラックベリーが採れました
今年はちょっと甘みが足らないけど採れたては贅沢
やっぱり自然の恵みにはありがとうです

Img_32575abfbf353b5508c9b47e613e168fe9f670b8
豊橋の雑貨屋さんで手ぬぐいを買ってきました
思い切ってハサミを入れて久々のお針ごと 
ナゾの小袋はくすり入れ 
縫い付けた紫色のスエードの紐で結んでおります

この柄は「渦巻き小紋」 (濱文様さんの”長手ぬぐい”)
江戸や明治の女性は使い込んだ手ぬぐいにハサミを入れたのかな?





Img_157d7f32fdafc022155e234a2d7d5da0b24c4822
Img_31ef3285f2dfcc61ac0c3b5538d01b8c5f330db5
タペストリー棒に挟んで壁にかけたり額にも入れました
前回日記のgarageさんで買ったサビサビボウルに多肉植物を植えて。
同柄の敷物と相性よいです


額に入れたのはただの一枚の手ぬぐいなのですが
この風合い 眺めるだけで気分が良いもんです
時間がゆったり流れそうだな
日本が誇る職人芸





Img_ac4e36d773e158183b0bf6c0bf731be96b8467d2
余すところなく。
端切れはエプロンのワンポイントに縫ってみた

「手ぬぐい すごいよ!便利だよ!」のおっさんブログとリンクしそうな日記で・し・た
 (Click!) 

彼女の参加している手ぬぐいプロジェクト (Click!) 
私も参加を考えておりましたが まだちょっとアイデアがわかず
でも20日は要チェッーク
Img_c3eaf3b270ab1167da7c867738644bbfab4c6223
昨夜閉店15分前のホムセンで
生まれてはじめて「すだれ」を買いました♪
なぜかちょと照れた*^^*
おおー 通称「AKBの間」(←うそ)もなんだか良い感じ
カーテンが風で張り付かないし
外からも目隠しになって
何より涼感が良い
秋までカーテンは外そう
和風好みな中学息子 ご満悦の様子です




Img_88fee957f050f7b915b35ddd02f073a94daa6c91
いま自分だけに流行ってます
冷やし甘酒 
iittalaのタンブラーに似合います
発酵食品はお肌にも疲労回復にも良さそうです
冷やすと”ちょっと苦手な独特の甘さ”も感じない
ストローで飲むとタピオカみたいにジュルンとしてる

甘酒は夏の季語だとか
ひな祭り専用ドリンクかと思ってた
ダンナさんは「お正月に神社で振る舞われる物」だと思ってたとか

そういえば小さい頃は祖母が夏に飲んでたような
祖母は明治生まれでした
先人の知恵かな?